スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Check

一周忌



20160812_092330453_iOS.jpg


今日から明日に日付が変わるか変わらないかという微妙なタイミングで、グリコが旅立ってちょうど一年。


愛するペットちゃんが亡くなることを「虹の橋を渡る」とか、うさぎの場合は「お月様に帰る」とかいう言い方をするらしいが、あまりにメルヘンチックすぎて照れてしまい、どう表現したらいいかいまだに迷う。
ただ、メルヘンの世界でなくてもいいから、どこか居心地の良いところにいてくれたらいいと思う。


部屋の片隅に、グリコの仏壇がある。
片隅といってもテレビの真横でたいそう騒々しい。
うさぎは耳がとても良いので騒々しいと落ち着かないかと思っていたが、部屋が静かだとちょっとした物音にも耳をレーダーのようにういーんと動かして、寝てても覚めてしまうようなかんじで、逆にテレビの音ががんがん流れているくらいのほうが寛いでいるようだった。
生前がそうだったので、仏壇の置き場所もここにした。

普段は思い出したときに水を置くぐらいでこれといって何もしていない。
でもせっかくの一周忌なのでなんかそれっぽいことをしてやりたくなり、好物を供えようと思ったけど何も思いつかない。
晩年療養食としてよく与えていた小松菜でも供えるかと思ってスーパーに寄ったら、ちょうどお盆のお供えが売ってたので一緒に買ってきた。
ついでに今日職場でもらったお土産のドーナツも置いてみた。
急に所狭しな仏壇になり、迷惑そうなグリコの顔が浮かんだ。


良かれと思って買ってきたおやつとかおもちゃとか全然喜ばないうさぎだった。
毎日毎日同じがいいんだからよけーなことしないでくれる、といった冷めた風情とファンシーな見た目のギャップがたまらなくて、私は9年と9か月の間ずーっとこの生き物に魅了されっぱなしだった。
毎日毎日飽きもせず、かわいいねーかわいいねーと声をかけ続けた。かけずにいられなかった。だってかわいいんですもん。
いっこうに懐かず、デレの割合が3%くらいでほぼツンだったけどほんと全くかまわなかった。

あ、なんだろうこれ、これが無償の愛というやつなのか?
部屋着をボロ雑巾にされてもおしっこひっかけられても憎くない。元気で暮らしてくれればそれでいい。

人間相手ではついぞ感じたことのなかったこの感情にちょっと戸惑いながらも、悪くはないと思い、自分をうさバカと認めることになった。

しつけというものが全く通用しなかった。
おしっこの場所は最後まで定まらなかったし、呼んでも振り返るということが一回もなかった。
ただ、一度怖いと思ったことは二度としないし(それで行動範囲がどんどん狭まった)ご飯の時間はペレットの袋に触れたほんのわずかなカサという音も聞き逃さずダッシュで寄ってくる。
学習能力があるのかないのか、でも総じてバカだなという認識だった。バカかわいいと思っていた。



一年前、私はこれまでの人生の中でもなかなかな大きさの決断をするに至り、その夜はちょうどその決断を形にするためのある作業をすることになっていた。
(回りくどい言い回しが自分でもうっとおしいが、直接的な言葉は生々しいので避けます)
それはグリコの生活にも少なからず影響を与えるようなことなので、変化を嫌うグリコの生活になるべく支障をきたさないようにいろいろ段取りを考えた結果、平たく言えば私はグリコと離れて暮らすことがもう決まっていた。


グリコは危ないことはしないようにそっとそっと生きていたので、病気はしてもケガはしたことがずっとなかったが、老いなのか何なのか、ある日いつの間にか前脚を骨折していて、そのせいでだいぶ日常生活に支障をきたすようになっていたけどもりもりご飯も食べていた。ペレット袋カサッからの猛ダッシュも健在で、今日明日の命とか、そんな雰囲気はまだまだなかったと思う。


なのにその夜、帰宅して、さあこれからその作業をしよう、というちょうどそのときに突然ぱたりと倒れ、深夜往診の先生の到着を待たず1時間ほどで逝ってしまった。

その狙いすましたようなタイミングがあまりにも衝撃的で、もうグリコとの生活は終わってしまったというのに、この期に及んでこのバカかわいい(と思っていた)小動物への認識ががらりと覆ってしまった。
あの時のアレもその時のソレも、あの時していた話も、全部聞いていて理解していたのではないか、ちょっとオカルトなかんじがするがもうそうとしか思えなかった。


そのタイミングでのその死の意味は、どちらにも捉えることができた。
寂しいと死んじゃうんだよ、というのり〇ーの言う迷信を地で行ったのであれば、人間の都合で本当に悪いことをしてしまったと悔いるしかないし、
勝手な飼い主の後顧の憂いをなくすためにジャストのタイミングですっぱり逝ったのであれば、やっぱりごめんではあるけど、なんていうか、もう尊敬してしまう。


事実、私は思っていたより落ち込まなかった。
人生のそれなりに大きな決断も、グリコの死も、それぞれ別のタイミングで訪れたらそれぞれに対してもっとどっぷり落ち込んでいたと思う。
ペットロスに関しては最低2週間は寝込むんじゃないかと予想していたくらいだ。

それが、いっぺんに来たことでダブルの衝撃になるかと思いきや、なんかこう、相殺されてしまったというか、ポカーンとしてしまって、かといってやることは山ほどあって、忙殺されているうちに寝込む予定だった2週間なんて涙も流さずあっという間に経っていた。

だからもう、素直に感謝することにした。


グリコが逝く数日前にたまたま撮った写真がある。
お迎えのキャリーバッグから首だけぴょこっと出した様が間抜けでかわいかったので撮ったのだが、今見るとやっぱり全盛期に比べて明らかに目に生気がなく、実際その数か月前にはケガの影響で一回危篤状態になったこともあったし、もしかしたら、あの瞬間ぎりぎりまで頑張って生きていてくれたのかなという気もしてきた。


残されたものは勝手にいいように解釈する。
でもいいように解釈することでその日をなんとか無事に生きている。それでようやく一年が経ったみたいなもんだ。
もっと面白いグリコエピソードでこの一年を総括する予定だったけど、いざ思い返すとまだまだぷりっぷりの新鮮なネタだった。
からっと笑い飛ばすのはもう少し先。

一人暮らしではうさぎは飼えないなあ、とこの10年弱で痛感したので今後新しいうさぎを迎える予定はない。
いつか迎えたとしても、うさぎの性格は個体差が非常にあるらしいので、グリコのような面白さを持ったヤツにはもう出会えないと思う。

うさ飼いではなくなったけど、これからもうさバカとして生きていくと思う。



Check
スポンサーサイト

ゴム鞠のように跳ねる一年をお過ごしください。

新年あけましておめでとうございます。


あわただしく年の瀬が過ぎ、さらにあわただしい三が日ももう終わり。

寝正月なんて夢のまた夢だったにもかかわらず、体重だけが増えてしまいました。
明日からはあわただしい節制生活のスタートでございます。

うさぎのように草だけ食って生きていければどんなにいいか、と思ってグリコの食べこぼしの草をかじってみましたが、とても食えたもんじゃありませんでした。残念です。


ああ、うさぎといえば!(←しらじらしい)いよいよ卯年のスタートです。

前回記事の後日談のようになりますが、グリコ年賀状は何とか無事に完成しまして、夫の分も合わせると400名を超える方々にグリコの写真をばらまいたかたちになります。

これでグリコも一部ですっかり有名なうさぎになったはず。うさバカとしてはうれしい限りでございます。


ようやく撮れたどうにかまともな写真から、小汚い六畳間の背景を苦労して切り取り
(緑の芝生の上とかで撮影できればそれだけで絵になりそうなものなのに、ひきこもりうさぎだからそういうのはムリ)
ハガキ編集ソフトでもって、切った貼ったして出来上がった2つのデザインのどちらにしようか迷った末、どちらも採用することにしました。



それがこれ。


無題












「謹むグリコ、梅添え」バージョン




年賀2011












「グリコ、初詣のテイで」バージョン





ちなみに、夫のはこんなかんじです。


年賀実







「まくしたてるグリコ」バージョン



12年に一度!とはりきってみたものの、スキルのなさは一朝一夕でどうにかなるものじゃありませんでした。

そんなこんなでいざ年が明けると、とある先輩から、飼っているジネズミ(といってもネズミではなく、ましてやうさぎの仲間でもないらしい)をモチーフにしたかわいらしい年賀状が届きました。

卯年にモグラ(の仲間らしい)の年賀状を出すその先輩のおしゃれ感覚に感服しながら、ああそうか、何も卯年にこだわらなくてもいいのか、じゃあもっとスキルアップして来年もグリコでいっちゃおうか?と思ったり

また一方で別の先輩からは「我が家に来て16年のうさぎです」と、もはやウサギなどと呼ぶのも無礼なかんじのおうさ様の写真入り年賀状が届き、いやーグリコもあやかりたいもんだねえとこれまた感服の至りであったりもしました。



それぞれに趣向を凝らした年賀状をいただいて、それぞれの近況も垣間見られたりするとそれはそれはうれしいもので、やっぱりこういう折々のご挨拶というのはあだやおろそかにできないもんだなあと思います。




Check

ボツ個性

師走ですね。

歳を重ねるごとに月日の流れが速くなるというのはどうやら本当のようですね。
もう涙もちょちょ切れるほどの速さです。



師走の大仕事のひとつ、年賀状作り。

来年は待ちに待った卯年、うさぎ年でございます。


ペットショップでグリコを発見した日から

「卯年にはこいつの写真を使おう」

と、夫婦で決めていましたので、現在デジカメ片手にグリコのベストショットを狙う日々なのですが、グリコはビビりなので、カメラを構えるとなかなかじっとしてくれないし、かわいい顔もしてくれないのです。



たまにじっとしてくれても


CIMG1587.jpg









 顔がおっさん(おばさんなのに)みたいだったり





CIMG1575.jpg








 ポーズがコソ泥みたいだったり





CIMG1650.jpg








 なんの生き物だか不明になったり





CIMG1663.jpg








 食べ物(草)に主役を奪われたり




とこんなかんじで没画像ばかりが増えていきます。





実はうしろ姿が一番好きなのよね、と気を取り直しても


CIMG1578.jpg










 
 尻ハゲ。



換毛期に抜けた毛がまだ生えそろっていません。

こんなことならもっと早めに撮り溜めておけばよかったわ、と思っても後の祭り。

撮影が終わっても苦手な編集作業が待っているというのに。
まるでキャスティングに失敗した映画監督のような気分です。


でもそこは、12年に一度のことですから、グリコにももう少し我慢してもらって、
本番間際の演出家のような気分で、あきらめず頑張ろうと思っています。



とはいえ、うさぎというのは、絵よりもぬいぐるみよりも写真よりも
実物が一番かわいいんだよねーえ、とうさぎバカ一代としては、思うわけなのです。







Check

左手でつかんで



うさチキン


食べてしまいたい。










Check

テーマ : B級グルメ
ジャンル : グルメ

昼涼み

夏が来ました、今年も。

つらい現実ですが、受け止めなければいけません。



生まれたときから小太りだったせいか、暑いのがどうも苦手です。
近頃じゃそこに心肺機能の衰えも加わり、息ははふはふ、頭はずきずき。
ワンシーズンまるまる熱中症状態です。


というわけで、せっかくの休日ですが、グリコと私、暑さに弱いおばちゃん同士自室に閉じこもって涼んでいるわけです。


背後で「しゅるーっ」という絹の擦れるような音がして振り向くと、こういうことになっています。

くつろグリコ


最初は警戒していた(参照:過去記事)新しい冷え冷えマットも、数回のおしっこ散布の末、すっかり自分のモノになったようですね。


若干滑りやすい素材なので、肉球のないグリコはいつもしゅるーっとヘッドスライディングです。
勢い余って両手はみ出てます。
惜しくもベースには届かず!といったところでしょうか。


目の前のベランダでは、もう何年も前に劇団の大先輩からいただいた南部鉄の風鈴が揺れています。

南部鉄は見た目はごつい、というか古めかしいのですが、なんとも品のいい音色です。

りりーん。


………………


……しゅるーっ。


ちりりーーん。



……さくさくさく。(草食べる音)


りんりーーーーん。



…かっかっかっか。(水飲む音)




前から後ろから、ヒーリング音に囲まれて、ついつい午睡をしてしまいそうです。

いや、しないぞ。いやするかも。











Check

テーマ : 癒し・ヒーリング
ジャンル : 心と身体

プロフィール

すみのふ

Author:すみのふ




 子ブログ
  『ドワーフライフ』
 


 レビューブログ
   『感想注意報』
 


 焼きものブログ
 『オーブンジャンキー』

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。