スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Check

舌バカ一代による、タイ料理初体験記

 

「辛い」とか「すっぱい」とか刺激のある食べ物があまり得意ではないので、エスニック料理はいままで敬遠していたジャンルでありましたが、タイの芝居に出るというのにタイ料理のひとつも食べたことがないではおハナシになりません。

 

というわけで、「苦い」「臭い」「ねばねば」「その他もろもろ」と嫌いなもの多数の夫を無理やり付き合わせる形で舌貧乏夫婦が向かったのは、地元練馬でもおいしいと噂の

 

チョークディ看板チョークディ店構え

 

CHOKDEE(チョークディ)という、タイ料理専門店でした。

 

 

「タイ王国」というだけあって、タイでは王様が国民からもうとんでもなく愛され敬われているんだそうで、このお店にも

 

いまの王様むかしの王様

 

王様の写真が、大切に飾られていました。

ホール係の女の子(かわいい)によれば左が「いまの王様」ご夫妻、右が「むかしの王様」なんだそうです。

 

こんなかんじで、取材モード全開です。

隣にいるのはただの夫なので、何の遠慮もいらないのです。

 

 

席に着くなりメニューを広げます。

初のタイ料理、しかも取材なので、“定番”となっている料理は(食べられるだけ)一通り、辛さ控えめとかパクチー抜きとかの調整は一切ナシで、という方向で注文することにしました。

 

だいたい舌がバカでビンボーの私には、悪名高い「パクチー」の味すらまともに思い出せない、というか知らないというか、そんなていたらくなのですから、逆に怖いものなどないのです。

夫は「俺はパクチーはちょっとなー」などと利いた風なことを言っていますが、ただの知ったかぶりだと決めつけることにしました。

 

 

まずは飲み物。

夫はタイビールの定番「シンハー」を、私は早くも謎のドリンク「タマリンドジュース」を注文。

 

シンハービールタマリンドジュース

 

タマリンドとは、調味料にも使われる、マメ科の植物なんだそうです。

あまーいですがそんなにしつこくはなく、言われてみると豆をすりつぶしたもののような食感が、舌にわずかに残る感じです。おいしい。

 

 

続いて、前菜的なニュアンスで注文した

「ポーピア・ソット(生春巻き)」と「ヤム・ウンセン(春雨シーフードサラダ)」

 

ポーピア・ソットヤム・ウンセン

 

生春巻きは、大変やさしいお味。皮が厚めでもちっとしています。おいしい。

 

春雨サラダは、これはこの日注文した中で一番辛い料理でした。

舌がピリピリして、タマリンドジュースの甘さをもってしてもおさまらず、しかしやけに後を引く味。おいしい。

 

そしてこちらも定番らしい

「ガイ・ヤーン(タイ式鶏の丸焼き)」

 

ガイ・ヤーン

 

これはなんでしょうね。タイだのなんだの抜きにして、鶏肉嫌いでない限り、世界中の人がおいしいと言うんじゃないですかね。

塩コショウをきかせて皮をパリッと焼き上げてあります。ちょい辛のソースと、箸休めのチンゲン菜(たぶん)がいいバランス。おいしい。

 

 

さてここまで、意外なほど全部がおいしく、もっと「わー」とか「うおー」とか悶絶する覚悟でいたのですが、肩透かしなほど大人らしいノリで「うん」とか「ほお」とか言いながら、初のタイ料理を楽しむ舌バカ夫婦。

 

 

でも油断してはいけません。

ここからがタイ料理の真骨頂。

 

 

賛否両論飛び交う「トム・ヤム・クン(辛く酸っぱい海老スープ)」

そして「ゲーン・キィァオ・ワーン(グリーンカレー)」が遂に登場しました。

 

トム・ヤム・クングリーンカレー

 

まずは取り皿に一杯ずつ取り分け、試食。

あれ?おいしいぞ。

 

トム・ヤム・クンはたしかに辛いし酸っぱい、私の苦手ジャンルの味なのですが、おそらくココナッツミルクとおぼしきものがその辛酸っぱさをうまくまろやかにまとめていて、なんだかイケます。

 

そしてグリーンカレー。

おお、わたくし、どうして今までこんなおいしいものを食わず嫌いしていたのかしら。グリーンカレー無しで生きてきた37年の人生を悔やんでも悔やみきれずにいると

 

「ああ、これは俺ダメだわ」

ココナッツミルク嫌いの夫が初リタイヤ。

 

めでたく残りのグリーンカレーを私がせしめ、夫は残りのトム・ヤム・クン(こっちはココナッツミルクがあまり前面に出ていないので大丈夫らしい)を担当することに。

 

円満解決。

夫婦の関係もこうありたいものです。

 

 

辛さに釣られてタマリンドジュースを飲みつくしたので、ドリンクを追加注文。

「バジルシードジュース」という、これまた初耳の飲み物に敢えて挑戦。

 

バジルシードジュース

 

これは小さな声ですが「うおー」と言ってしまいました。見ため的に。

黒いつぶつぶがバジルの種なんでしょうが、そのつぶつぶにはゼリー状の膜が。いろんなものを連想させます。

飲むと案外普通です。タマリンドよりも甘く、メロンソーダの炭酸抜きみたいな感じなので、このつぶつぶ食感がちょうどいい刺激になっています。

 

 

 

タイといえば、麺類も忘れてはいけないらしいです。

そこで「センレック・ナーム(タイ式つゆ麺)」を注文。

 

センレック・ナーム調味料

 

麺はセンヤイ(太麺)にしてみました。きしめんのような、コシのあるほうとうのような、さっぱりとした麺とスープです。

一味加えたい人用にと調味料(砂糖・酢・ナンプラー・唐辛子)が置かれ、そのままでも充分おいしかったのですが、よりタイ気分を味わうべくナンプラーを少しだけたらしてみました。

 

具の、白くて丸いものを里芋だと思い込んでいた私たちは、いざ食べて見るとあまりに想像と違った食感に笑ってしまいました。

白いものの正体は魚肉だんご。こちらもタイの定番食材なんだそうですね。

 

 

本当はチャーハンやタイスキなんかも食べてみたかったのですが、胃袋の容量にも限界があるのでまたの機会にするとして、最後はデザートです。

 

 

「本日のデザート」は

「サー・クー・ナムカティ(タピオカココナッツミルク)」とお好きなアイスの組み合わせ、ということだったので

「アイスクリーム・マムアン(マンゴーアイス)」に。

 

本日のデザート

 

さらにチョーシに乗って

「クルアイ・トート(揚げバナナ)」と

「カノム・モーケーン(タロ芋ココナッツミルクプリン)」も注文。

 

クルアイ・トートカノム・モーケーン

 

胃袋限界なんて誰が言った?と言わんばかりの大量注文です。

 

驚いたのは、マンゴーアイス以外は全部温かかったということ。

温かいタピオカココなんてわたくし初めてです。

 

全部おいしかったのですが、特に気に入ったのがタロ芋プリン。

毎日食べたいです。どこかに売ってないかしら。

 

デザートは全体的に、甘いんだけど甘すぎず、素材本来の甘みを生かしているといったかんじで、気がつくとあら不思議。すっかり平らげていました。

 

 

 

食は文化ですね。

海外に一度も言ったことがない私も、初のタイ料理を経験したことで少しだけ人間としての引き出しが増えたような、そんな錯覚を覚えてしまうものです。

 

同時に体重も、こちらは錯覚ではなく増えまして、元に戻るまで3日ほどかかりましたが、まあ、そこはそれ。

 

マイペンライ、マイペンライ。

タイ語で「気にすんな」という意味だそうです。






Check
スポンサーサイト

そして紋別

普段は某かに専門店の調理場で働いている私です。

店名を仮に「かにDo楽」といたしましょう。



かにDo楽では今週いっぱいまで「紋別物産展」のようなことを、店頭にてちんまりとやっています。
全国かどうかはわかりませんが、少なくとも関東地区では全店で開催中みたいです。


なぜ紋別かというと、紋別港に、仕入れや配送を行うための自社倉庫があるからだそうです。



通常のルートだと、水揚げされたかには、でっかい網にパンパンに詰め込まれ、そのままの状態で検疫だか税関だか(こういうことに詳しくないのでいまいち怪しい)の通過待ちをするそうで、当然損傷ははげしく、下手すりゃ死んでしまいます。
そして諸手続きが済んでやっと各地に搬送されるのですが、このルートでは、関東より下にはその日のうちにはまず届かないんだそうです。



かにDo楽のかには、自社倉庫の大きな水槽(網の代わりに)で活きのいいまま検疫だか税関だかを通過し、そこから直に各店舗へダッシュで空輸されます。その日のうちに。


♪とーれとーれぴーちぴっち かに料理~♪
のヒミツはこういうところにあるというわけなんですね。





で、話を戻して紋別物産展なんですが、
開催初日の月曜日、早速購入してしまいました。

CIMG1369.jpg

ひとつひとつご紹介いたしましょう。
え?別にいいですか?まあそう言いなさんなって。




まず、絶対買うと決めていたのがこれ。

CIMG1373.jpg
帆立干し貝柱


何個入ってるかちゃんと数えていませんが、この量で定価\1200は絶対に安いです。
しかも2割の従業員割引があるので、千円切ってしまいました。

どんな料理に使おうか、ウキウキわくわくです。
妄想しすぎて賞味期限を切らさないように気をつけようと思います。




今夜のおかずに、と軽ーい気持ちで購入した

CIMG1370.jpg
たらばたっぷりコロッケ

自宅で軽ーい気持ちで揚げてみたら、みごと爆発。
冷凍食品に不慣れな自分を忘れてました。

サクサクの衣と、わずかに残った中身(おそらくたらばたっぷり)。
悔しいのでまた買います。
まんまと策略に乗ってしまっている感がありますが、ただの料理下手の被害妄想でございましょう。




策略といえば

CIMG1372.jpg
山わさび醤油漬け

本来、こういった酒のつまみ的なものには全く興味がないのです。
辛い物も好きじゃないし。

しかし、お店のお通しでこれを使おうということになって、揚げ豆腐にずわいのバラ身とこれをちょこっと乗っけただけのシンプルなお通しだったんですが、それがまあ旨かった!

最初、豆腐は揚げ出汁にするつもりだったらしいのですが、この山わさびの味だけでじゅうぶんイケるから出汁いらないね、と従業員一同たいそう盛り上がり、みんな買って帰るもんだから、早くも品薄状態なんだそうです。

追加発注第一号です。




最後はデザート。

CIMG1371.jpg
生チーズチョコレート

なんだそりゃ?と興味本位で買ってみました。

生クリームの代わりにチーズを使用した生チョコなんだそうです。

言われてみると確かにチーズ。
後味さっぱりで、ほんのり甘酸っぱい風味がクセになるかんじです。
チョコ好きの夫とあっというまにたいらげてしまいました。

ブラウンのほかに、ホワイトとキャラメルもあります。
これもリピート決定。全種類制覇を目指します。



ほかにも、王道のかに味噌とか、ホッケやニシンの干物とか、色々売ってます。




「正直、安すぎるから期待してなかったんだけど、ちゃんと美味いんだよ!」
店長のコメントです。



皆様、通りすがりにかにDo楽を発見した折には、ぜひ覗いてみてくださいね。





最後に、今回のイベントとは全然関係ないのですが、私のイチオシをご紹介します。

CIMG1187.jpg
Do楽オリジナル「かにのり」

かに風味の佃煮海苔です。

初めて食べたときは、目から鱗が飛びまくりました。
海苔佃煮界の革命児です。
ヤバウマというやつです。


あんまりそういう機会がないのですが、ご贈答品にはコレ、と決めてます。
実はお安いです。

















Check

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

トルキッシュデイ

高校の演劇部時代の後輩ふりちゃんが、赤坂でトルコ料理店をやっていて、食べに行く機会を今か今かと狙っておりましたが、やっと今日、念願かなってランチを食してまいりました!

【トルコ料理専門店アセナのホームページ】

オーナーシェフのレベントさんは、ふりちゃんの旦那さまです。コワモテです。
でも笑うと白い歯がこぼれまくるナイスミドルです。
アセナのお料理はすべて、このレベントさんがたったひとりで作ってるんだそうです。
まさにコワモテマジシャンですね。


せっかくブログも始めたことだし、お料理の写真を撮りまくるぞ、と思ったものの、今までそういう習慣がなくて、なんでかわかんないけど後ろめたいような気持ちになってしまって、盗撮のようにささっと撮ったのであまりおいしそうに写ってませんが、実際はもっとおいしそうです。
そして実際においしかったです。


日替わりランチと、キョフテ(トルコ風ハンバーグ)のランチを注文しました。


最初にスープがやってきました。


$SminoRoom
なんとか豆のスープ

ひよこ豆、と聞こえたのですが、最近難聴気味なので定かではありません。
すっぱからくてクリーミー。
これがパンと合う合う。
そのパン(自家製)というのが、やけどしそうなほどあっつあつで、ふんわりもっちりで、乗っかったゴマが香ばしくて、何個でもいけそうなシロモノでした。

そしてメイン。


$SminoRoom
日替わりランチ「ラム肉と野菜のトマトソース煮込み」

ラム肉チョーヤワラカインデスケドー。
トマトソースとの相性がグンバツ(赤坂なんでギョーカイっぽく表現しました)で臭みがない。
大好物のなすも入ってた!
ヘルシー志向のOLさんも納得の逸品ですね。


$SminoRoom
キョフテ(トルコ風ハンバーグ)

ブラボーお肉!
軟弱な日本人向けフワフワジューシーハンバーグよさらば!
お肉の食感ががっつり味わえるワイルドさにシビレます。

味付けは非常に繊細です。
なんかいろんなスパイス的な香草的なものが入っているようです。私が目視できたのは生パセリ(パセリですらないかも)ぐらいでしたが。


レシピはすべてレベントさんの頭の中、なんだそうです。
「レベントに倒れられたらおしまいだから心配で心配で」
お店のマネージャーと、妻の顔が半分半分でいいかんじのふりちゃんを尻目に、チャリンコでどこかへ漕ぎ出すレベントさん。まだ営業中なのに…。

トルコ男性はとってもマイペースなんだそうです。


オフィス街ならでは、いっぱいだったお客さまも1時になるとすっかり落ち着いてきたので、チョーシに乗ってデザートを追加してしまいました。


$SminoRoom
トルコ名物のびーるアイスクリーム

自家製です。
ナッツがたくさん入っててとってもゼイタクです。
納豆顔負けの粘りです。受験生に食べさせたいくらいです。
粘りのヒミツは、なんかの植物の根っこを乾燥させたやつを入れることなのだそう。
これは完全に初めての食感でした。
なぜアイスをここまで粘らせたかったのか。面白いぞトルコ人!


そして気がつけばもう2時。
レベントさんが白い歯をこぼしながら謎の外出から戻り、奥のテーブルではトルコ人スタッフさんがいそいそと賄いの準備をはじめています。
今度はディナー食べに来るね!と約束をして、お店を後にしました。

ふりちゃん、忙しい中相手してくれてありがとう。
今度はいよいよ本丸の、シシケバブを攻めに行くからね。















Check
プロフィール

すみのふ

Author:すみのふ




 子ブログ
  『ドワーフライフ』
 


 レビューブログ
   『感想注意報』
 


 焼きものブログ
 『オーブンジャンキー』

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。