スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Check

はとバスツアーに行ってきた ~最終コース~

はとバスツアーに行ったなどと言うと、たいてい聞かれるのが参加者の年齢層です。

私たちも参加前には、そこんところ実際どうなんだろう、とちょっと興味がありました。
やっぱり年齢層はお高めなのか、しかしツアーの内容が内容なだけに多少は若めなのか。はたまた太めなのか。

結局、その実態は知ることはできませんでした。
だって、今回の参加者は6名3組。統計を取るにはあまりにも少なすぎます。


はとバスさんの名誉のために言いますと、これはたまたまみたいです。
実際私たちも第一希望の日は満席で予約が取れずこの日は第二希望でしたし、この翌日もすでに席が埋まっているとのことでした。


この人数の少なさが吉と出るか凶と出るか。
と出発前ににやにやしながら話し合っていたものですが、おおむね吉でありました。

食事も静かにゆったりとできたし、集合・出発の時間も遅れずスムーズにいったし、座席も最前列、車窓の景色にもガイドさんにもかぶりつき状態です。
空いているのでお席はご自由に移動なさってくださいね、と言われましたが、最後まで定位置で過ごしました。ビバかぶりつき。



柴又に到着し、バスは最後のお食事処となるうなぎ屋さんの駐車場に停車。
食事時間までは散策ということで、ガイドさんの案内で柴又帝釈天まで徒歩で向かったのですが、その道のりはこれまでとは打って変わって閑静な住宅地。

道行く人もほとんどいない中、たった6人を案内するときでも、律儀に黄色い小旗を立てて歩くガイドさん。
参加者の少なさが凶、とは言わないまでも末吉くらいになったひと時でした。

案内されちゃってんなーってかんじで。まあ事実そうなんですが、ちょっぴりこっぱずかしかったです。


とはいえ、総勢7名の機動力はやっぱり吉と出て、10分といわれていたこっぱずかしタイムもさくさく歩いたら結局5分ほどで終わり。

帝釈天前で
「わたくし最後のおやつを取りに行ってまいります」

というガイドさんと手を振って別れ、参道をぶらぶら歩きました。


P1280092.jpgP1280091.jpg終日いい天気でした


映画のセットのような清潔で小ぢんまりとした参道には、川魚専門店や甘味処、雑貨屋さんなどが並び、またまた購買意欲をそそられます。


とあるうなぎ屋さんの店先に、懐かしの"うなぎボーン"(うなぎの骨せんべい)の試食コーナーがあり、美味しかったのでまず購入。
気のせいかもしれませんが、うなぎボーンって昔より食べやすくなった気がします。進化してるのかな。


そのあと立ち寄ったのは駄菓子屋さん。
おもちゃ箱のようにお店ぱんぱんに詰め込まれた駄菓子たちを大人買いしたい衝動をぐぐっとこらえます。

年の差7歳の私たち夫婦は、懐かしがるお菓子やおもちゃのポイントが若干ずれていて、これぞジェネレーションギャップというやつなんでしょうが、そんな中「あれがあったら絶対買おう」と意見が一致した品がありました。

あれを探せあれを探せ。
無駄に長身のおっさんと無駄に小太りのおばさんが狭い店内を動き回って(迷惑)やっと見つけました。

これです。


P2050098.jpg 一気に4枚の大人買い

『ようかいけむり』という名前だったんですね。
あの指につけてチパチパってすると煙が出るやつ、と長ったらしい呼び方をしていました。
やっと買えたし名前もわかって、めでたしめでたしです。

買ったらすぐさまチパチパしたいところでしたが、これってじつは煙ではなく単なる埃です。
ややもするとタバコの副流煙より迷惑になりかねないので、大人のマナーを守ることにしました。


それから、金物屋さんで見かけた『体も洗える亀の子たわし』
「お尻のパンツライン(←!)がとってもきれいになりました!(40代主婦)」
とのふれこみに思わず手がのびかけましたが、夫に止められ断念。

「私のパンツライン(←!)がきれいになったらうれしくないの!?」
「べつにー」

とのことでした。
きっと夫は、私がきれいなパンツライン(!?)を手に入れてモテモテになってしまっては困るのだと思います。



そして柴又駅。


P1280094.jpg 寅さんキタ――!

こちらも小ぢんまりとしてきれいな駅でした。

参道といい駅前といい、地元の人たちががんばってキレイにしているんだろうなーというかんじがして、観光客がいたずらに『ようかいけむり』をふりまかなくってよかったわい、あぶねーあぶねーと思いました。


喫茶店に入るほどの時間はなかったので、駅前の自販機でお茶を買い一息入れていると、一匹の野良猫が現れました。

P1280098.jpg 駅前猫はたいてい人懐こいので


P1280095_20110222223827.jpg
 道行く人に撫でられる
P1280096.jpg
あ、パンツライン(はいてないけど)が!
P1280097.jpg
 あーらら…


私たちが近づくと、足もとにすりっすりすりっすりしてきて大変初い奴なので、もちろん撫でました。
うさぎ以外の動物に触るのは久し振りです。




野良猫は撫でられまくって気をよくしたのか、おもむろに寅さん像の前に行くと


      P1280100.jpg振り返る寅さん猫さん


この日のベストショットを撮らせてくれました。



猫観光に時間を費やしてしまったので、急ぎ帝釈天まで戻り、お参り。

P1280103.jpg 帝釈天と飛行機雲

だいぶ陽も傾いてきました。旅の終わりが近づいています――

…「さあ、うなぎ食いに行こうぜ!」
おセンチさのかけらもないのが胃袋バカなのです。


江戸川の土手から吹き下ろす風に寒い寒いと叫びながら、川魚料理『川甚』に着くともう食事が用意されていました。

写真は撮ったのですが、あんまりにもへたくそで川甚さんのイメージダウンにつながりそうなので載せません。
うなぎはふわっふわ。付け合せも美味で、ペロリ通り越してもう瞬殺でした。


お腹は一日通して八分目を超えることはついにありませんでした。
一体どうなっちゃったんでしょうね。はとバスマジックでしょうか。
ある意味マジカルミステリーツアーですね。


ガイドさんから柴又名物草だんごを受け取ると、柴又から直接帰路に就くというご夫婦がいて、ここでお別れ。
いつかまたーなどと手を振りました。
もしかしたら、また別のツアーでばったり、なんてことがほんとにあるかも知れません。


というわけで、帰りのバスはついに乗客が2組4名となってしまいました。
たった4人に対しても手を抜くことなく、スカイツリーのご案内に余念のないガイドさんです。

その気持ちにこたえて

P1280108.jpgP1280110.jpg暮れーなずむ水戸街道沿いの町のー(字余り)

手ブレも気にせず撮ったスカイツリー。


日もすっかり暮れて、ゴールの東京駅まであともう少し、というところで


「それでは、はとバス名物、歌の時間がやってまいりました。よろしければ皆様ご一緒に!」

なんてだしぬけな。名物なんて初耳です。

あんぐりしている私たちをよそに、ガイドさんが歌いますのは『東京のバスガール』。
よくよく聞くと切ない内容の歌詞なのですが、ガイドさんはここを前途とばかりにほっぺたのロケットパンチを乱れ撃ちしながら、朗々と歌いきっておられました。しかもアカペラです。

ガイドさんの鋼の心臓にもちろん満場(4人だけど)の拍手が巻き起こりました。

ガイドさん、一日ありがとう、お疲れ様でした。



心地よい疲労感と八分目の胃袋をかかえてバスを降りると、東京駅のビル風が肌に突き刺さります。

うー寒い寒い、早く帰ってお土産食べようぜ。
そうだね、食べ物がいっぱいあるってしあわせだね。


欠食児童、もとい中年はこのようにして家路を急ぐのでありました。



―おわり―




Check
スポンサーサイト

はとバスツアーに行ってきた ~第三のコース~

隅田川沿いを両国方面へと向かう道中、有名なアサヒビールの通称『う○こビル』の真横を通ったのですが、ガイドさんによれば

金色の炎をイメージしたというあのオブジェは、デザインされた当初はジョッキ型のビルの上に縦に乗せる予定だったのが、いざ立てようという段階になって近隣の日照権の問題が発生し、急遽、横向きに乗せることになったのだそうです。


ガイドさん「そういったわけで、あのユニークな形のビルが誕生した、というわけなんですね」


私「やっぱり『う○こみたいな』とは言わないんだね」

夫「当たり前だ」

私「でも『ユニークな』の言い方に若干の含みがあったね」

夫「それはそうしとかないとおさまりがつかないんじゃないの?さすがに」

私「そうだよねえ。みんな絶対う○こでしょ、う○こって思ってるもんね」

夫「うんこうんこうるせえよバカ」


いまどき小学生でもしないんじゃないかという会話をだらだらとしているうちに、バスは江戸東京博物館に到着。


隣接する両国国技館を完全に凌駕する圧倒的でかさの建物の中に、本物の小学生たちがあとからあとから吸い込まれていきます。恰好の社会科見学スポットのようです。


こういうツアーの良いところは、コースの中に一か所は「大して興味がなかった場所」が含まれているところだと思います。

自分の趣味嗜好だけで組まれたわけではない行程の中に、案外な拾い物があったりするのではないでしょうか。

私にとってはここはそういう類の場所でした。
こんな機会がないと一生訪れないなと思いつつ、博物館めぐりや史跡散策にどうも興味の湧かない自分は演劇人としてどうなんかな、と後ろめたく思うこともちょいちょいあったりしていたのです。
はとバスさん、自動的に連れてきてくれてありがとう。



展示物の劣化を防ぐ、という目的で照明を最小限に抑えられた館内は思った以上に暗く


P1280049.jpg







 カメラが相当頑張ってくれてますが
 実際はもっと暗い




説明書きを読もうとすればそこには必ず勉強熱心な小学生たちが張り付いて必死にメモを取っているので


P1280069.jpg






 がんばる小学生たち



腹具合がちょうどよくなってきたこともあり、夢見心地であてもなく館内をさまよいながら遠巻きに展示物の写真を撮ってはみたものの、あとから見返すと何の写真だかあやふやなものが多数。


P1280061.jpg
たぶん徳川家康
P1280058.jpg
たぶん太田道灌
P1280080.jpg
たぶん葛飾北斎



そんな温故知新の美徳などかけらもない私でも、おおこれは、と感激するアイテムもちゃあんとありましたよ。

何しろ館内は広いのですから。


例えば

『浮世絵版画ができるまで』

P1280076.jpg 手間暇かかってます


例えば

『家電三種の神器』

P1280083.jpg
 冷蔵庫
P1280084.jpg
  洗濯機
P1280085.jpg
 白黒テレビ


など。


人間としても主婦としても超がつくくらいものぐさなくせに、手間暇をかけるしかなかった時代にあこがれたり、手間暇が当たり前だった生活に一気に文明の嵐が吹き荒れたかの瞬間に自分も立ち会ってみたかったなと思ったり、小学生ってほんと元気だなすぐ走るしと思ったり、少しだけ心がそわそわと忙しくなる、そんなひと時を過ごさせてもらいました。




腹ごなしのためのコースなので、ここでは何も食べずに過ごしました。
博物館なので買い食いもできません。

しかし実際には腹六分目。そもそもこなす必要があるのか、という状態です。
物販コーナーに立ち寄って、缶の柄が洒落ているからという口実でクッキーを買ったり
あ、これかわいいと手に取った手ぬぐいがどういうわけか甘納豆柄だったり
もはや脳内までが胃袋と化していました。



バスに戻り、いよいよ最終目的地の柴又へと出発。

おやつは長命寺名物桜餅です。
出発して間もなくの路肩にバスが停まり

「ちょっと桜餅取ってきますので少々お待ちください」
と言うやいなやバスを飛び出し走るガイドさん。
お店から飛び出し再び走るガイドさん。
いやー走る走る。小学生もびっくりの走りです。


息を切らせたガイドさんからうやうやしく桜餅を受け取り、さっそく開封。
開封したからには食べないといけません。

長命寺桜餅は、桜の葉っぱが大サービスの3枚づかい。
しょっぱさのなかにつつましくくるまれた甘さがたまりません。無論ペロリです。



おなかが落ち着くと途端に眠くなってきました。
夢うつつに聞くガイドさんの声はまだ少しだけ息が上がっていました。



目が覚めれば、そこは柴又です。

Check

はとバスツアーに行ってきた ~第二のコース~

観光バスというのは、観光を楽しむために乗るものなんですね。
当たり前ですが、なんだか新鮮でした。


劇団にいた時に、地方巡業の移動で観光バスを利用することが時々ありましたが、その車中ではたいてい、貴重な睡眠をむさぼったり、小声で仕事の打ち合わせをしたりと観光どころではない光景が繰り広げられるので、搭乗したガイドさんも本来の仕事が出来ず(たぶん劇団制作が丁重にお断りしている)早々にマイクのスイッチを切っておられたものです。


しかし今回は100%観光モード全開です。
だってはとバスツアーですもの。

築地から浅草まで、高速道路であっという間の距離ですが、ガイドさんは寸暇を惜しむように、かといってまくしたてるわけではなく、老若男女すべてに確実に伝わるトーンとテンポでもって、全くよどみなくしゃべってくれます。
この交差点を右折してどこそこに向かうとか、ただ今左に見えますのがとかそのタイミングもばっちりで、まるで旅番組のアテレコを台本を持たずにこなすような、素人からすればもう相当な職人芸を目の当たりにさせてもらいました。

プロってかっこいいすね。



そんなこんなで浅草到着。


P1280022.jpg 正面に見えますのがー浅草寺雷門でございます


猫も杓子もスカイツリースカイツリーのご時世です。

個人的には全く興味がなかったのですが、「次の角を曲がると見えます」とか「この先の行程でもっとよく見えるところがございます」とか、ガイドさんがあまりにもスカイツリー推しをされるので、少しは興味を示さないと罰が当たるような、不思議な感覚になってきます。


P1280024.jpg スカイツリー的べスポジ:浅草寺前交差点


とはいえ、食い倒れツアーですから話題のツリーもとっとと背にして、昼食会場へ向かいます。

昼食は天ぷら。


P1280026.jpg


朝食のお寿司から1時間半ほどしかたっていないのに、するする入ります。
胃袋がバカになってきているな、と感じました。



食後、仲見世へと繰り出す胃袋バカ二人。


P1280030.jpg
 私撮影
P1280031.jpg
   夫撮影



同じ場所でほぼ同時刻に撮ったにもかかわらず、たった30cmの身長差で写真の出来がこんなに違うのは納得いきません。しかも夫の方にはブラピばりのイケメン外国人まで写りこんでいる。なんともはや。かかとにシリコン入れてやる。

というのは冗談です、今更なので。



仲見世通りは買い食い天国でした。



P1280020_20110210190940.jpg ちょうちんもなか(食べかけ)

『浅草ちょうちんもなか』のアイスもなか。中身はクリームチーズアイス。
皮が、皮が、軽くてサクサクでお口の中でアイスと同時に溶けていきますのでーす。

この皮で金魚すくいをしようとすれば、水に入れた瞬間あとかたもなくなってしまうことでしょう。
その儚さがたまりません。




product_goma.jpg
ごまあげまんじゅう
product_custerd.jpg
 カスタードあげまんじゅう


『浅草九重』のあげまんじゅう。
写真はお店のホームページから拝借しました。なぜなら食べちったから。(こればっか)

揚げ饅頭は大好きなのですが、今までは素揚げ状態のものしか食べたことがありませんでした。
天ぷら粉(?)ついてんじゃん、カロリーがっ、カロリーがっ。
ともはやカロリーなんてどうでもよくなっちゃってるくせに乙女ぶりつつ、おいしくいただきました。



そして最後に『花月堂』のジャンボメロンパン。
修学旅行生で長蛇の列だったので、お店の中でお茶を飲みつつ待つことにしました。

お店の中では、バターのたまらなくいい匂いが。
匂いの正体はりんごパイでした。すかさず追加注文です。



テーブルの上にはお箸や調味料と並んでなぜか、椿油。
お、こりゃちょうどいいや、と顔に塗りたくる夫。

「お、これほんとにいいかんじだぞ、お前も塗る?」
「いいよ。そんなにいいなら買ってけば」
「買ーわーねーよ」


塗り逃げです。

塗り逃げ直前に、袋の隙間からメロンパンを盗撮。


P1280038.jpg

潰れちゃうので上を下にしないように、上を下にしないようにと、お店の人から再三の持ち方アドバイスを受けて店を出ると、本堂まではあとわずかでした。
もう少し距離があったら道々つまみ食いするところでしたが、ぐっと我慢してお土産にすることにしました。


ちなみにこの3軒、いずれもガイドさんおすすめのお店でした。

おすすめには乗っとくことをオススメします。さすがにハズレ無しでした。
今度浅草に行くことがあったら、きっとリピートすることと思います。




歩いたらおなかが空いちゃった、と明らかに異常なことを考えながら、お参りを済ませ、本堂裏で待機するバスへ。

またもやガイドさんの満面の笑顔。ほっぺたのお肉がロケットパンチみたいに飛んできそうです。



バスに乗り込むやいなや、おやつ第一弾、草加せんべいが一人一袋ずつ配られました。

おやつは第三弾まであるのですが、すべてを車中で平らげ、気分が悪くなって本当に食い倒れちゃった人もいると聞き、賢明な私たちはひとまずこれは持ち帰ろうということにしましたよ。



夕食の地、柴又までは多少距離があるので、途中両国にある江戸東京博物館を見学しながら腹ごなしをしようじゃないか、というわけで、バスは両国へと向かいます。






Check

はとバスツアーに行ってきた ~第一のコース~

パートの休憩中に、とあるお昼の情報番組にて「はとバスツアー」の特集をやっていたのを見て、心がどうしようもなく浮き立ってしまってその場で夫に

「はとバスツアーに行こう!」

というメールを送ったのはもう去年の話。



そして先日、とうとう行ってまいりました。

コースがよりどりみどりであれこれ迷った挙句、私たちが選んだのは

「江戸味覚食い倒れツアー」
行程は築地→浅草→両国→柴又。

この、はとバスのイメージにぴったりのベタなロケーションの中で、倒れるまで食いまくろう、という企画でありました。


ベタとはいえよくよく考えてみれば、これらの地を観光で訪れたことが今まであっただろうか、と思い返すとまあせいぜい浅草くらいで、築地は市場の前を通りかかった程度、両国は芝居を観に数回立ち寄った程度、柴又に至っては一度も足を踏み入れたことがありません。

「いいじゃんいいじゃん、逆に、逆にね!!」

「そうだな、逆にな!」

なにが逆なのかあいまいなまま、バスは東京駅を出発。

あっという間に築地に到着。

P1280020.jpg

車中で配られた築地場外市場のお店マップを見ながら、「アニー伊藤のお店ってどれかな」と夫とこそこそ話していたら、ちゃんとガイドさんが「おすすめのお店」として紹介してくれました。
ああ、安心サポート。


三食おやつ付きが売りのこのツアー。

朝食は、場外市場内のお店にてお寿司。

例によって食べるのに夢中で写真を撮り忘れ。
せっかく新しいデジカメ買ったのにこんなことではいかん、と反省し、首からぶら下げて歩くことにしました。

食後は場外市場内を自由散策。



P1280010.jpg
解体中のまぐろ
P1280018.jpg
解体後のまぐろ
P1280013.jpg
鮭ハラスぐるぐる巻き


こんな猟奇写真を撮ったり




P1280009.jpg
アニー伊藤のお店
P1280011.jpg
食べるラー油各種


マスコミに踊らされてみたり




P1280016.jpg 飲む豆腐(ホット)

意外と腹にたまる飲み物買っちゃったり


財布のひもは第1コースですでにほどけかけていました。

お寿司屋さんまで送ってくれたバスガイドさんはお店の人たちに大人気で、道々ずっと声をかけられていました。

ちっこくてかわいいガイドさんだからかな、と思っていたのですが、それだけではないなさては、とこのとき気づきました。



「いいじゃんいいじゃんカモだって!!」

「ちっちゃいことは気にすんな!!」


どこぞの芸人のギャグ(ちょい古)まがいの言葉もおもわずとびだす、浮かれた熟年夫婦。
財布のひもはほどけても、中身なんてたかが知れてます。
開き直るのが一番です。



ガイドさんの満面の笑みに迎えられ、お前もあれくらいずっと笑ってれば口角上がるぞ、と夫が私の顔面にちょっとしたダメ出しをし、バスに乗り込み、一路浅草へ。


なんとこのブログ、連載です。(今決めた)

記憶が薄れないうちに、続きを書こうと思います。



待て、次号!!!




Check

マイハマンドリーム

先日、シーに行ってまいりました。



CIMG1500.jpg








 このシーです。




CIMG1501.jpg








 このシーです。




CIMG1504.jpg











 この・・・




CIMG1509.jpg











 ピンボケ。




丸一日滞在したのに、風景写真はこれのみ。しかも撮影は夫に丸投げです。
つくづくブログに向かない性格だなあと思います。


シーに行くのは初めてで、ランドにももうかれこれ12~3年は行っていません。いやもっとかな。
キャラクターの名前すらうろ覚えだし、天気はイマイチだし、早起きしすぎて眠いし、そもそも私は日常的にテンションが低い。


しかしそこはさすが夢の国。
名前とか天気とか眠いとか日常がどうとかもうどうでもいい気分になっちゃうものなんですねえ。



堪能しました。



知らない間に導入されていた「ファストパス」とやらのおかげで、アトラクションにも思っていたよりたくさん乗ることが出来ましたが、夫は


「アトラクションもいいけど、やっぱショーだよな。ショーと景色観るだけでもう全然満足だな」


と言い、とりわけミッキーの押しも押されぬスーパーヒーローっぷりにいたく感激しておりました。
その様子を見て


あ、この人、憧れちゃってる、ミッキーに。


と私は思ったわけですが、役者としてもバリッバリの主役志向の夫のことなので、あながち気のせいでもないでしょう。




役者も「夢を売る仕事」だなんて言われますが、そういう意味でも得るものは多く、まさに
大人も子供も役者も(パート主婦も)楽しめる一大テーマパークでありました。





買いましたよ、夢を。


匂いに釣られては食べ物を買い、お皿やグラスがもらえるからと言ってはドリンクやデザートを追加注文し、雨が降ったらキャラクター傘を買い、寒いと言っては服を買い、お土産はやっぱこれだよね!と例のクランチチョコを買い。


今わが家にはこれまでにないほどのディズニーグッズが累々とひしめいていますが、不思議と後悔はありません。





これすらも。

CIMG1507.jpg


Check
プロフィール

すみのふ

Author:すみのふ




 子ブログ
  『ドワーフライフ』
 


 レビューブログ
   『感想注意報』
 


 焼きものブログ
 『オーブンジャンキー』

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。