スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Check

ゴム鞠のように跳ねる一年をお過ごしください。

新年あけましておめでとうございます。


あわただしく年の瀬が過ぎ、さらにあわただしい三が日ももう終わり。

寝正月なんて夢のまた夢だったにもかかわらず、体重だけが増えてしまいました。
明日からはあわただしい節制生活のスタートでございます。

うさぎのように草だけ食って生きていければどんなにいいか、と思ってグリコの食べこぼしの草をかじってみましたが、とても食えたもんじゃありませんでした。残念です。


ああ、うさぎといえば!(←しらじらしい)いよいよ卯年のスタートです。

前回記事の後日談のようになりますが、グリコ年賀状は何とか無事に完成しまして、夫の分も合わせると400名を超える方々にグリコの写真をばらまいたかたちになります。

これでグリコも一部ですっかり有名なうさぎになったはず。うさバカとしてはうれしい限りでございます。


ようやく撮れたどうにかまともな写真から、小汚い六畳間の背景を苦労して切り取り
(緑の芝生の上とかで撮影できればそれだけで絵になりそうなものなのに、ひきこもりうさぎだからそういうのはムリ)
ハガキ編集ソフトでもって、切った貼ったして出来上がった2つのデザインのどちらにしようか迷った末、どちらも採用することにしました。



それがこれ。


無題












「謹むグリコ、梅添え」バージョン




年賀2011












「グリコ、初詣のテイで」バージョン





ちなみに、夫のはこんなかんじです。


年賀実







「まくしたてるグリコ」バージョン



12年に一度!とはりきってみたものの、スキルのなさは一朝一夕でどうにかなるものじゃありませんでした。

そんなこんなでいざ年が明けると、とある先輩から、飼っているジネズミ(といってもネズミではなく、ましてやうさぎの仲間でもないらしい)をモチーフにしたかわいらしい年賀状が届きました。

卯年にモグラ(の仲間らしい)の年賀状を出すその先輩のおしゃれ感覚に感服しながら、ああそうか、何も卯年にこだわらなくてもいいのか、じゃあもっとスキルアップして来年もグリコでいっちゃおうか?と思ったり

また一方で別の先輩からは「我が家に来て16年のうさぎです」と、もはやウサギなどと呼ぶのも無礼なかんじのおうさ様の写真入り年賀状が届き、いやーグリコもあやかりたいもんだねえとこれまた感服の至りであったりもしました。



それぞれに趣向を凝らした年賀状をいただいて、それぞれの近況も垣間見られたりするとそれはそれはうれしいもので、やっぱりこういう折々のご挨拶というのはあだやおろそかにできないもんだなあと思います。




Check
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

すみのふ

Author:すみのふ




 子ブログ
  『ドワーフライフ』
 


 レビューブログ
   『感想注意報』
 


 焼きものブログ
 『オーブンジャンキー』

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。