スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Check

舌バカ一代による、タイ料理初体験記

 

「辛い」とか「すっぱい」とか刺激のある食べ物があまり得意ではないので、エスニック料理はいままで敬遠していたジャンルでありましたが、タイの芝居に出るというのにタイ料理のひとつも食べたことがないではおハナシになりません。

 

というわけで、「苦い」「臭い」「ねばねば」「その他もろもろ」と嫌いなもの多数の夫を無理やり付き合わせる形で舌貧乏夫婦が向かったのは、地元練馬でもおいしいと噂の

 

チョークディ看板チョークディ店構え

 

CHOKDEE(チョークディ)という、タイ料理専門店でした。

 

 

「タイ王国」というだけあって、タイでは王様が国民からもうとんでもなく愛され敬われているんだそうで、このお店にも

 

いまの王様むかしの王様

 

王様の写真が、大切に飾られていました。

ホール係の女の子(かわいい)によれば左が「いまの王様」ご夫妻、右が「むかしの王様」なんだそうです。

 

こんなかんじで、取材モード全開です。

隣にいるのはただの夫なので、何の遠慮もいらないのです。

 

 

席に着くなりメニューを広げます。

初のタイ料理、しかも取材なので、“定番”となっている料理は(食べられるだけ)一通り、辛さ控えめとかパクチー抜きとかの調整は一切ナシで、という方向で注文することにしました。

 

だいたい舌がバカでビンボーの私には、悪名高い「パクチー」の味すらまともに思い出せない、というか知らないというか、そんなていたらくなのですから、逆に怖いものなどないのです。

夫は「俺はパクチーはちょっとなー」などと利いた風なことを言っていますが、ただの知ったかぶりだと決めつけることにしました。

 

 

まずは飲み物。

夫はタイビールの定番「シンハー」を、私は早くも謎のドリンク「タマリンドジュース」を注文。

 

シンハービールタマリンドジュース

 

タマリンドとは、調味料にも使われる、マメ科の植物なんだそうです。

あまーいですがそんなにしつこくはなく、言われてみると豆をすりつぶしたもののような食感が、舌にわずかに残る感じです。おいしい。

 

 

続いて、前菜的なニュアンスで注文した

「ポーピア・ソット(生春巻き)」と「ヤム・ウンセン(春雨シーフードサラダ)」

 

ポーピア・ソットヤム・ウンセン

 

生春巻きは、大変やさしいお味。皮が厚めでもちっとしています。おいしい。

 

春雨サラダは、これはこの日注文した中で一番辛い料理でした。

舌がピリピリして、タマリンドジュースの甘さをもってしてもおさまらず、しかしやけに後を引く味。おいしい。

 

そしてこちらも定番らしい

「ガイ・ヤーン(タイ式鶏の丸焼き)」

 

ガイ・ヤーン

 

これはなんでしょうね。タイだのなんだの抜きにして、鶏肉嫌いでない限り、世界中の人がおいしいと言うんじゃないですかね。

塩コショウをきかせて皮をパリッと焼き上げてあります。ちょい辛のソースと、箸休めのチンゲン菜(たぶん)がいいバランス。おいしい。

 

 

さてここまで、意外なほど全部がおいしく、もっと「わー」とか「うおー」とか悶絶する覚悟でいたのですが、肩透かしなほど大人らしいノリで「うん」とか「ほお」とか言いながら、初のタイ料理を楽しむ舌バカ夫婦。

 

 

でも油断してはいけません。

ここからがタイ料理の真骨頂。

 

 

賛否両論飛び交う「トム・ヤム・クン(辛く酸っぱい海老スープ)」

そして「ゲーン・キィァオ・ワーン(グリーンカレー)」が遂に登場しました。

 

トム・ヤム・クングリーンカレー

 

まずは取り皿に一杯ずつ取り分け、試食。

あれ?おいしいぞ。

 

トム・ヤム・クンはたしかに辛いし酸っぱい、私の苦手ジャンルの味なのですが、おそらくココナッツミルクとおぼしきものがその辛酸っぱさをうまくまろやかにまとめていて、なんだかイケます。

 

そしてグリーンカレー。

おお、わたくし、どうして今までこんなおいしいものを食わず嫌いしていたのかしら。グリーンカレー無しで生きてきた37年の人生を悔やんでも悔やみきれずにいると

 

「ああ、これは俺ダメだわ」

ココナッツミルク嫌いの夫が初リタイヤ。

 

めでたく残りのグリーンカレーを私がせしめ、夫は残りのトム・ヤム・クン(こっちはココナッツミルクがあまり前面に出ていないので大丈夫らしい)を担当することに。

 

円満解決。

夫婦の関係もこうありたいものです。

 

 

辛さに釣られてタマリンドジュースを飲みつくしたので、ドリンクを追加注文。

「バジルシードジュース」という、これまた初耳の飲み物に敢えて挑戦。

 

バジルシードジュース

 

これは小さな声ですが「うおー」と言ってしまいました。見ため的に。

黒いつぶつぶがバジルの種なんでしょうが、そのつぶつぶにはゼリー状の膜が。いろんなものを連想させます。

飲むと案外普通です。タマリンドよりも甘く、メロンソーダの炭酸抜きみたいな感じなので、このつぶつぶ食感がちょうどいい刺激になっています。

 

 

 

タイといえば、麺類も忘れてはいけないらしいです。

そこで「センレック・ナーム(タイ式つゆ麺)」を注文。

 

センレック・ナーム調味料

 

麺はセンヤイ(太麺)にしてみました。きしめんのような、コシのあるほうとうのような、さっぱりとした麺とスープです。

一味加えたい人用にと調味料(砂糖・酢・ナンプラー・唐辛子)が置かれ、そのままでも充分おいしかったのですが、よりタイ気分を味わうべくナンプラーを少しだけたらしてみました。

 

具の、白くて丸いものを里芋だと思い込んでいた私たちは、いざ食べて見るとあまりに想像と違った食感に笑ってしまいました。

白いものの正体は魚肉だんご。こちらもタイの定番食材なんだそうですね。

 

 

本当はチャーハンやタイスキなんかも食べてみたかったのですが、胃袋の容量にも限界があるのでまたの機会にするとして、最後はデザートです。

 

 

「本日のデザート」は

「サー・クー・ナムカティ(タピオカココナッツミルク)」とお好きなアイスの組み合わせ、ということだったので

「アイスクリーム・マムアン(マンゴーアイス)」に。

 

本日のデザート

 

さらにチョーシに乗って

「クルアイ・トート(揚げバナナ)」と

「カノム・モーケーン(タロ芋ココナッツミルクプリン)」も注文。

 

クルアイ・トートカノム・モーケーン

 

胃袋限界なんて誰が言った?と言わんばかりの大量注文です。

 

驚いたのは、マンゴーアイス以外は全部温かかったということ。

温かいタピオカココなんてわたくし初めてです。

 

全部おいしかったのですが、特に気に入ったのがタロ芋プリン。

毎日食べたいです。どこかに売ってないかしら。

 

デザートは全体的に、甘いんだけど甘すぎず、素材本来の甘みを生かしているといったかんじで、気がつくとあら不思議。すっかり平らげていました。

 

 

 

食は文化ですね。

海外に一度も言ったことがない私も、初のタイ料理を経験したことで少しだけ人間としての引き出しが増えたような、そんな錯覚を覚えてしまうものです。

 

同時に体重も、こちらは錯覚ではなく増えまして、元に戻るまで3日ほどかかりましたが、まあ、そこはそれ。

 

マイペンライ、マイペンライ。

タイ語で「気にすんな」という意味だそうです。






Check
関連記事
スポンサーサイト

見切り発車というなかれ

 

Web早割でお申込みいただいたお客様に郵送するための、チケット現物が手に入ったので

ちょっと拝借してここに載せてしまいます。

 

 

ペタルとフーガル チケット

 

チラシには使われていないピンク色が、いいポイントになっているざましょう?

 

「お菓子みたいでおいしそうな色だね」

と言ったらとあるクールビューティーな共演者から

 

「こんな色のお菓子、カラダに悪そうじゃないですか?」

と、ドライな返事が返ってきました。

 

 

 

個人用DMの発送も、ようやく終わりました。

これで心置きなく稽古に没頭できるというものです。

 

 

DMの作成というのはなんともアナログで手間な作業で、ここまでデジタルなツールが普及した昨今ともなると、SNSやらブログやら経由でばーっと告知したり、一斉送信メールでどばーっと告知したりといくらでも効率的でエコで省エネな方法があるからそれだけで充分じゃん、と思わないこともないのですが、長年の習慣というのは恐ろしいもので、なーんだかこれをしないと公演態勢に入った気がしないというかなんというか、そんな昭和な体質です。

 

 

DMの文章というのも、どうすれば観に行きたい!と思ってもらえるかなと試行錯誤しながら作っていきます。

そうしながら半分は「そうだそうだ、この芝居はこれからどんどん面白くなるんだ」と自分に暗示をかけるという効果も、狙っていたりします。

 

 

発送も終わったことですし、今日はチケット公開ついでにそのDMの文章も公開してしまおうと思います。

デジタルとアナログの融合です(大げさ)!

 

既に直接DMを受け取られている方はじゃんじゃん読み飛ばしてください。

 


熱帯vol.5 『ペタルとフーガル』観劇のご案内

 

連日湿ったお天気が続いております、いかがお過ごしでしょうか。

わたくしはと言えば、毎日毎日雨の予報と闘いながら、スクーターにて稽古場に通う生活を送っております。

 

去年の10月、熱帯の短編バージョン「亜熱帯」の公演に出演いたしましたが、今回の『ペタルとフーガル』は熱帯が2年5か月ぶりに満を持してお送りする、長編作品となります。

 

 

タイはバンコクにある、“サイアムセントラルパレス”の旧館ラウンジが今回の舞台。

旧館には主に海外添乗員たちが宿泊していますが、客室の冷房は壊れっぱなしで復旧のめどは立たず。

 

仕方なく涼を求めに来る人、仕事から戻った人、打ち合わせに来た人、イケメン添乗員目当てにやってきた観光客、タイ人ホテルマンなどなど、ラウンジには様々な人物が、入れ替わり立ち代わり登場します。

 

タイトルは建築用語の「ソシオペタル」「ソシオフーガル」から来ているんだそうです。

「ソシオペタル」は団らんや会議などに向いた求心的な家具の配置

「ソシオフーガル」はプライバシーを考慮した遠心的な家具の配置

 

今回の舞台のホテルラウンジには、中央に応接セット(ペタル)、壁際にカウンター席(フーガル)が配置されており、それぞれの人物がどこに座るのかによって、その心理状態や人間関係が浮き彫りになっていく、という設定。

 

 

さてさてどんな人間模様が繰り広げられるのか、乞うご期待!といった内容です。

 

 

日本を一歩も出たことがないわたくしが、添乗員役(しかもベテラン)を演じます。

ちなみにタイ料理も今まで一度も食べたことがありません。

勉強することがいっぱいです。

 

初日は7月7日、七夕です。覚えやすいですね。その頃には梅雨も明けているのでしょうか。

 

暑いのが大苦手な私ですが、今回ばかりはバンコク滞在者の役作りにちょうど良い、と前向きにとらえ、がんばろうと思っています。どうぞご来場くださいませ。

お待ちしております。

 

岩崎 純子


 

こんなかんじです。

 

こうして載せてみると、個人用DMとしてはともかく、ブログに載せるにしてはちょっとネタバレ感があるかしら。

 

まあでも、ここまではあくまで設定の話。

 

ここから脚本がどう肉付けされていくのか、俳優がどんなすんばらしい演技で彩りを添えるのか、それこそがキモでして、まあ今それに向けてがんばってやってますよーという、その頑張りに期待して観に来てくださーいという、宣伝というのはそういう、未知数なものを含めて売り込んでいかなければならない大変危ういものではありますが、同時にだからこそ有言実行を目指すためのひとつの大事なきっかけでもあるわけですねえ。

 

 

ちなみに、タイ料理はすでに食べに行きました。

 

写真もそこそこ撮り貯めているので、初めてのタイ料理体験記は近々書こうと思っています。

 

乞うご期待!

 

と言っておかないと書かずじまいで終わってしまいそうなので敢えて言ってみました。

 

 

おおっと。

DMだ宣伝だと述べておきながら、これを忘れてはいけませんね。

チケットのお申し込みはこちら(岩崎純子専用ページ)で受け付けております。

 

ただ今前売期間中。

どしどしお申込みいただいて、上のかわゆいチケットをいち早くお手に取っていただければ幸いです。

 

今回は出演者多数のため、チケットの出足がかなり良いです。

特に土日などはみるみる埋まってきています。

どうぞ、お早めに!




Check
関連記事
プロフィール

すみのふ

Author:すみのふ




 子ブログ
  『ドワーフライフ』
 


 レビューブログ
   『感想注意報』
 


 焼きものブログ
 『オーブンジャンキー』

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。