スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Check

上を向いて歩ける人はそんなにはいない



あしあとをたどりながらいろいろな人のブログを(お小遣い稼ぎ関連は避けつつ)読んでいたら、こんな記事に行き合いました。

『らくてん人間』

あなたは今、無理をして、厭なことも苦しいことも悲しいことも気にしない、人生は楽しいものさと考える、積極人間になろうとしていませんか。 
そう、努力してらくてん人間(オプチミスト)になろうとしていませんか。 
いろいろな本を読んだり、聞いたり、感動したりして、そうなろうとしていませんか。  
おやめなさい。それは無理というもの。おそらく、破たんします。 
なぜなら、いつも自分の消極性と戦い続けることになるからです。こころが消耗してしまうのです。  
おそらく真のらくてん人間は、そういう才能を持って生まれた人なのです。一種の天才ですね。そして、まわりの人々を気楽にさせる力をもっている半面、複雑な人間関係の中でまわりに多大な迷惑をかけることもある人なのです。  
あなたは、無い物ねだりなどせず、凡人として、自分の生まれ持ったものを大切にし、無理をせず、いきましょう。



はじめに申し上げますと、「癒し」と名のつく文章だの絵だの音楽だのグッズだの、そういったものに対しては常に、眉ツバ的目線で対応させていただいているわたくしです。

「あ~癒される」というような言葉をときどき発してみることはありますが、どこかにパロディ臭さが残ります。

同じ金言格言なら相田みつをより綾小路きみまろのそれの方がピンときてしまいます。



そういう観点から私は上の文章を「癒し」ではなく「事実」だと捉えました。
36年生きてきていやというほど思い知った事実が、見知らぬ他人の、とても短い文章の中にあまりにもがちっと納められていたので、ちょっとびっくりしておもわず「ぁあぁ」とか変な声を漏らしてしまいました。





職業柄か、凡人と天才の違いについて考えさせられる局面が多くありました。


「生きるほどに おのれの凡庸さを 知りにけり  大幅に字余り」

そんなできそこないの句が頭に浮かんでは消え、また浮かんでいたお年頃になぜか演劇の世界に足を踏み入れてしまったのですが、そこは、想像以上に「非凡」であることを求められる場でした。


あからさまに「普通じゃだめだ!」といわれることはあまりなく、むしろ、暗黙の了解としてそれがある、といったかんじです。だからこそ

「お前のような凡人は辞めてしまえ!」というあからさまな引導を渡されることもなく今に至っているわけなのですが。




そんななかで、やはりある種の天才なのでしょうか、まるで呼吸をするかのように普通ではないことをやってのける人がいて、そういう人は私生活でもどこか変わっていて、そしてなんとなく生きてて楽しそうなのです。


暗黙のルールの中においては、その人のお芝居はたとえ的外れであっても、個性的だと評価されるし、実生活でのちょっぴりはた迷惑な行動も、武勇伝となってしまいます。



見習えばいいのか、妬めばいいのか、対抗すればいいのか。

などと不毛なことを考えたりもしましたし、実際それが不毛なことだと気づくまでに、いろんな課程がありました。

その過程を描くと暗く長い話になるので省きます。




で、まあ、それほど劇的ではないにしろ、それなりの変遷を経てたどり着いた結論が、上の文章にとっても似通っていたわけなのです。それは癒しなどではなく、努力目標でした。


あえて格好つけて言えば「己を知れ。まずはそれからだ。」といったところでしょうか。


もっと恰好をつけるなら、闘莉王選手の言うところの「下手なりのやり方がある」といったところでしょうか。




下手だとか凡人だとか、まずそれを自覚するだけで結構な苦痛と努力が要るわけですが、それができて初めて自分のやるべきことがはっきりするんじゃないかなあ。早くはっきりさせたいもんだ。でもまあはっきりしたところで所詮凡人のやるべきことなんていうのはこつこつこつこつとした地味な作業なんだろうなあ。まあそれも嫌いじゃないんだけどさあ。



そんなことを、ここ数年ずーっと考えています。


そうこうしているうちに、はた迷惑な天才たち(自称含む)にも、だいぶ寛容になれるようになってきました。




ただ、若い演劇女子たちが、自分の観た芝居や映画や読んだ本にどれだけ感動したのかを声高に主張しているのを見かけると、少しだけハラハラしてしまいます。
あんまり飛ばして燃え尽きるなよ。



まあ、老婆心ですけどね。

まあ、老婆ですけどね。



さてと、老婆はきみまろに癒されるとでもしますかね。

それとも三太夫。
















Check

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

すみのふ

Author:すみのふ




 子ブログ
  『ドワーフライフ』
 


 レビューブログ
   『感想注意報』
 


 焼きものブログ
 『オーブンジャンキー』

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。