スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Check

カレーをおいしくいただくためには



アラフォー、とかなんとか呼ばれる年齢に突入してもうすぐ2年になる。


そのことと時期を同じくするようにして、事あるごとに鎌首をもたげてきやがるちょっとした不安感というか、焦燥感がある。
それは



1.自分は頑固になったのではないか

2.自分は偏屈になったのではないか

3.自分はセコくなったのではないか



日常生活のふとした言動をきっかけに、
まるで、目の前に、だしぬけに、でっかい姿見がするするっと降りてくるような感覚があって、そこに映った自分の姿にぎょっとすることしきりなのである。




年齢を重ねていく中で、自分なりの考え方や生き方を身につけたいとか、先々のことまで見据えた生活をしようとか、きっかけは至極まっとうで、前向きな発想があったし、今もあるつもりである。


だから、その結果が、産物が、「頑固で偏屈でセコいおばちゃん」ではなんともトホホだ。




今日の私はバージョン3、セコいおばちゃんであった。


かれこれ1ヶ月、リンパの腫れが引かず、自宅から一番近い大きな総合病院に行くことにしたのだが、思った通り、一日仕事であった。

その一日中、損得勘定をして過ごしていたように思う。


まず、受付だけで1時間要したことをもったいないなーと思い、そのあと診察時間まで4時間半かかることをもったいないなーと思った。

紹介状がないために支払わなければいけない「特定療養費」とやらがもったいないなーと思いつつ、紹介状を書いてもらうために別の医者を受診しても結局同じだけかかりかねないんだからしょうがない、という損得勘定をした。

そのあと、約束の4時間半からさらに1時間待たされて診察となったわけだが、これだけ待たされたんだから今までかかった医者とは一味違うところを見せてくれなければ困る、という損得勘定をした。


で、一日損得勘定をした結果、こんなもんだろうと予想していた診察代が予想をはるかに上回っていた。


手持ちが足りない、と言ったらカードでもオッケーですよ♪と軽いノリで言われ、カードを差し出しつつも何となく釈然とせず



「ほんとにそんなにかかるんですか?」と口走った瞬間、目の前にどーん!と姿見が降りてきた。




なんてセコいことをアタシったら……。

という思いとは裏腹に、ほとんどキレ気味に会計コーナーを後にした。
そんな自分に再びトホホである。




大体、損得勘定なんて自分のモノサシでしかできないのである。

見通しが甘いから損をした気分になるのだ。

医者でもないど素人が自分のゆるーいモノサシ振り回して「診察代高い」とはこれいかに!?







という反省のもとに、今このブログを書いている。
とてもお恥ずかしいので非公開にしたい気分だ。


悶々としているところに、巡業中で今仙台にいる夫からメールがきた。


後輩たちと牛タン死ぬほど食ってきた腹いっぱいでもう眠い



アラフォーも終盤に差し掛かっている夫は頑固だが、偏屈さやセコさとは無縁である。
そのバラ色の脳みそにあやかりたい。ついでに牛タンにもあやかりたい。


「あやかる」という発想がすでにセコい。












Check

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

すみのふ

Author:すみのふ




 子ブログ
  『ドワーフライフ』
 


 レビューブログ
   『感想注意報』
 


 焼きものブログ
 『オーブンジャンキー』

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。