スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Check

トルキッシュデイ

高校の演劇部時代の後輩ふりちゃんが、赤坂でトルコ料理店をやっていて、食べに行く機会を今か今かと狙っておりましたが、やっと今日、念願かなってランチを食してまいりました!

【トルコ料理専門店アセナのホームページ】

オーナーシェフのレベントさんは、ふりちゃんの旦那さまです。コワモテです。
でも笑うと白い歯がこぼれまくるナイスミドルです。
アセナのお料理はすべて、このレベントさんがたったひとりで作ってるんだそうです。
まさにコワモテマジシャンですね。


せっかくブログも始めたことだし、お料理の写真を撮りまくるぞ、と思ったものの、今までそういう習慣がなくて、なんでかわかんないけど後ろめたいような気持ちになってしまって、盗撮のようにささっと撮ったのであまりおいしそうに写ってませんが、実際はもっとおいしそうです。
そして実際においしかったです。


日替わりランチと、キョフテ(トルコ風ハンバーグ)のランチを注文しました。


最初にスープがやってきました。


$SminoRoom
なんとか豆のスープ

ひよこ豆、と聞こえたのですが、最近難聴気味なので定かではありません。
すっぱからくてクリーミー。
これがパンと合う合う。
そのパン(自家製)というのが、やけどしそうなほどあっつあつで、ふんわりもっちりで、乗っかったゴマが香ばしくて、何個でもいけそうなシロモノでした。

そしてメイン。


$SminoRoom
日替わりランチ「ラム肉と野菜のトマトソース煮込み」

ラム肉チョーヤワラカインデスケドー。
トマトソースとの相性がグンバツ(赤坂なんでギョーカイっぽく表現しました)で臭みがない。
大好物のなすも入ってた!
ヘルシー志向のOLさんも納得の逸品ですね。


$SminoRoom
キョフテ(トルコ風ハンバーグ)

ブラボーお肉!
軟弱な日本人向けフワフワジューシーハンバーグよさらば!
お肉の食感ががっつり味わえるワイルドさにシビレます。

味付けは非常に繊細です。
なんかいろんなスパイス的な香草的なものが入っているようです。私が目視できたのは生パセリ(パセリですらないかも)ぐらいでしたが。


レシピはすべてレベントさんの頭の中、なんだそうです。
「レベントに倒れられたらおしまいだから心配で心配で」
お店のマネージャーと、妻の顔が半分半分でいいかんじのふりちゃんを尻目に、チャリンコでどこかへ漕ぎ出すレベントさん。まだ営業中なのに…。

トルコ男性はとってもマイペースなんだそうです。


オフィス街ならでは、いっぱいだったお客さまも1時になるとすっかり落ち着いてきたので、チョーシに乗ってデザートを追加してしまいました。


$SminoRoom
トルコ名物のびーるアイスクリーム

自家製です。
ナッツがたくさん入っててとってもゼイタクです。
納豆顔負けの粘りです。受験生に食べさせたいくらいです。
粘りのヒミツは、なんかの植物の根っこを乾燥させたやつを入れることなのだそう。
これは完全に初めての食感でした。
なぜアイスをここまで粘らせたかったのか。面白いぞトルコ人!


そして気がつけばもう2時。
レベントさんが白い歯をこぼしながら謎の外出から戻り、奥のテーブルではトルコ人スタッフさんがいそいそと賄いの準備をはじめています。
今度はディナー食べに来るね!と約束をして、お店を後にしました。

ふりちゃん、忙しい中相手してくれてありがとう。
今度はいよいよ本丸の、シシケバブを攻めに行くからね。















Check

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■やっぱり

すみちゃんの文章って面白い♪

ブログ始めたばかりで早速アセナの記事書いてくださって本当にありがとうございます。

今日はそれほど忙しいランチタイムではなかったので、ゆっくりお話し出来て嬉しかったです。今後も更新楽しみにしていますね~

2 ■Re:やっぱり

>asena_toranさん

やったあ初コメントありがとうー!

書き忘れたけど、ピラフも激うまだったよ!
パスタ粒が面白いよねー。

パン・米・パスタの揃い踏みで、主食好きにはたまらんメニューでした。

レベントさんに「おいしかったです」とお伝えくださいね!
言われ飽きてるだろうけど!!
プロフィール

すみのふ

Author:すみのふ




 子ブログ
  『ドワーフライフ』
 


 レビューブログ
   『感想注意報』
 


 焼きものブログ
 『オーブンジャンキー』

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。